老人ホームの入居相談
老人ホーム選びに迷った時にご相談ください

サービス付き高齢者向け住宅の介護保険サービス

サービス付き高齢者向け住宅には、一般型と介護型がある。

サービス付き高齢者向け住宅には、「一般型」と「介護型」の2種類があります。

一般型に入居する入居者は、自立度の高い方が多くおられます。生活は自由度が高いのが特徴です。もしも介護が必要になった場合は、外部の介護保険サービスを利用しながら生活を継続することになります。

リハビリ
介護型には厚生労働省が指定する「特定施設入居者生活介護」を導入している施設が多く、スタッフから直接介護や生活に対する支援を受けることができます。有料老人ホームなどと同じように、重度の介護が必要な方にも対応できるようになっています。

介護付ではないサービス付き高齢者向け住宅において介護を受ける場合は、外部サービスを活用して生活することができますが、注意点があります。利用料に気を付けなければなりません。施設利用料のほかに、介護保険サービスについてはサービス事業者に対して利用料を支払うことになります。そのため月額費用はどうしても割高となってしまいます。

また内部のスタッフは、安否確認や生活相談サービス以外の対応ができない場合が多くあります。すべて外部の介護保険サービスでの対応となりますので、重度の介護が必要となった場合には、どうしても生活を継続するうえで限界点を感じてしまうことにもなります。

スタッフの対応や介護保険サービスの活用については、事前に確認しておくようにしましょう。

おしらせエリア
キャンペーン情報や新着情報などが入力できます。記事入力でもOKです。用途に合わせて使ってください。
下層ページへのリンクなども可。

(例)○○○の方法とは?
(例)サブページはこちら