老人ホームの入居相談
老人ホーム選びに迷った時にご相談ください

サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホーム

制度上の関係をわかりやすく解説。サービス付き高齢者向け住宅?有料老人ホーム?

サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームは、介護保険施設として同じように比べられることが多いですが、制度上は全く別の施設となっています。

生活保護の方でも入居できる
サービス付き高齢者向け住宅は、根拠法としては「高齢者住まい法」となっており、介護や医療と連携した高齢者向けのバリアフリーマンションになっています。いつまでも地域で自立した生活が継続できるよう、高齢者が住みやすい広さや設備を備え、常駐スタッフにより安否確認や生活相談を受けることができるようになっています。

有料老人ホームは、特別養護老人ホームと同じ「老人福祉法」に規定されている施設です。都道府県が定める基準に満たしている場合に、有料老人ホームを開設することができます。

また介護スタッフが常駐し、入居者に対して介護サービスを行う「特定施設入居者生活介護」の指定を受けている施設は、介護保険制度上で認められた施設となっています。入居者にとっては、重度介護が必要になったとしても入居生活が継続できますので、安心して入居することができます。
おしらせエリア
キャンペーン情報や新着情報などが入力できます。記事入力でもOKです。用途に合わせて使ってください。
下層ページへのリンクなども可。

(例)○○○の方法とは?
(例)サブページはこちら