老人ホームの入居相談
老人ホーム選びに迷った時にご相談ください

介護保険の「加算報酬」からのホーム選び!

介護報酬の減額された代わりに「加算報酬」の新設が目立っていました。この「加算報酬」に注目した老人ホーム選びをご紹介いたします。

「加算報酬」を参考に選ぶ老人ホーム選び

加算報酬に注目した老人ホーム選びとは?

医療従事者
  • 介護保険の「加算報酬」からのホーム選び!介護保険事業者などに支払われる「介護保険報酬」※が大幅に引き下げられて、3年ほどが経過しましたが、介護報酬の減額された代わりに「加算報酬」の新設が目立っていました。この「加算報酬」を参考に選ぶ老人ホーム選びをご紹介いたします。

  • 介護サービスの場合、「加算報酬」を算定している事業所は、少しだけ。「特別な機能」や「特別な能力」を持っているので、介護サービスの「質」「できること」のレベルが少し高いと理解できるのです。

    老人ホーム選びにかかわる「加算」。一つに、「サービス提供体制強化加算」があります。これは、介護のプロである「介護福祉士」、常勤の職員数と3年以上の勤続年数を有する職員数の割合を評価したものになります。つまり、責任感を持ったベテラン職員が、毎日きれめなく働いて、サービスを提供できる能力を有していると解釈できるのです。

    有料老人ホーム

    質の良いサービスを期待できる=「有資格」「常勤」「勤続年数」が指標になる!老人ホーム選びで大事な指標は、「介護職員」その人です。 上記のキーワードでは、介護職員として経験が長く、ホーム運営事業者が真面目に介護事業に取り組んでいるかの判断材料にもなります。 多くの介護付有料老人ホームがあります。介護施設選びの一つの指標としてみてはいかがでしょうか?



    ※介護保険報酬~国等が介護事業者に支払う報酬で、「基本報酬」とは別に特定の要件を満たした事業所だけに支払われる「加算報酬」がある。
    (参考:平成30年度介護報酬改定について

    関連記事
    こんな記事も読まれています。

    主任ケアマネジャーが選ぶ自分の親の為の老人ホーム