老人ホームの入居相談
老人ホーム選びに迷った時にご相談ください

介護のプロが選ぶ【特養の元責任者】特別養護老人ホーム

特養の元責任者がこだわるポイントは!?

特養の元責任者が選ぶ自分の親の為の特別養護老人ホーム

高齢者福祉のプロである特養の元責任者が、自分の親のために特別養護老人ホームを選ぶとしたらどのような基準で選ぶのでしょうか。

特別養護老人ホーム
  • 特養の元責任者は、介護の質で老人ホームを選ぶ
  • 特養の元責任者が、自分の親のために特別養護老人ホームを選ぶ場合に大事にするポイントは、「どのようなケアをしてもらえるか」ということです。

  • 「ケア向上に対する取り組み」
    特別養護老人ホームは、その施設によってもケアの質はさまざまです。公的な施設とはいえ、いまだに流れ作業のようにケアを行っているところがあるのも事実です。

    特養の元責任者の経験のなかで、流れ作業ほど、利用者にとってもスタッフにとっても苦痛であることを実感しています。

    スタッフは「誰かの役に立ちたい」という純粋な気持ちで、介護の仕事を始めます。しかしこれが流れ作業のようだと、いつか疲弊してしまい、離職してしまいます。最悪の場合、ケアの質が悪くなってしまったり、虐待にまで発展することがあります。

    ケア向上に対する取り組みを積極的に行っている特養では、入居者の喜ぶ顔を見ることがスタッフのモチベーションとなっていますから、日々やりがいを持って業務に当たることができます。そしてスキルを高めることができますから、必然的にケアの質も高くなり、入居者も満足のいく生活ができるのです。

    このような取り組みを行っている特養は、法人が一丸となっているところがほとんどで、地域住民などとの交流も盛んに行われています。

  • 関連記事